コインパーキング経営を始める方法

  • コインパーキング経営を始める方法

    • 日本全国での自動車の総保有台数は7000万台以上です。いまや日本中に自動車があふれていますが、都市部を中心とした駐車場不足も起きています。

      反面、郊外に大型ショッピングモールなどが立地することによって中心市街地の空洞化が進み、未利用の空き地も増えてきています。
      土地は利用せずに遊ばせておくだけでも固定資産税などの維持費がかかってきます。
      そのような土地を有効利用する手段として注目されているのが、コインパーキングです。

      極端な話、車一台余裕をもって駐車できるスペースさえあれば、どこでも開業することができるのです。コインパーキング経営には大きく3つのパターンがあります。

      一つ目は自己運営型のもので、駐車施設などの設備投資まですべて土地所有者が負担し、その代り収益もすべて土地所有者に帰するというものです。
      運営に関しては業者に任せることもできます。二つ目は土地を業者に賃貸するものです。
      この場合は設備投資、運営といった専門的知識を要する部分はすべて業者が行い、土地所有者は土地の賃料を受け取ることができるというものです。通常の地代家賃と同じく安定した収入が確保できるのが利点です。
      三つ目は業者との共同経営的なスタイルのものです。


      設備投資と運営はコインパーキング業者が行います。

      そして土地所有者はその駐車場の収益を業者と折半するのです。
      稼働率が上昇すればするほど収益が増える利点があります。


      日本にはまだ700万台程度のコインパーキングしかありません。
      多くの業者が立地条件の良い土地の所有者をパートナーとして求めています。


      未利用の空き地をお持ちの方は有効活用のために是非相談してみてはいかがでしょうか。
      コインパーキングを経営したい場合に心配な点が3つあると言われています。1つは稼働率です。駐車場経営では立地が最優先課題です。
      立地が悪ければどんなによい施設でも使ってもらえません。

      また、広告費がかかり、赤字になる可能性が高まります。
      そこでオススメなのが駐車場にするまえの事前検査です。


      これらの検査は駐車場の委託業者が行ってくれることが多く、委託を前提としなくてもシミュレーションしてくれることが多いので利用したいところです。もし、立地が悪い場合には月極駐車場など、定期で借りる駐車場として運用できないかを検討すれば良いです。

      2つ目は初期費用です。

      駐車場運営は初期費用がかからないのがメリットですが、コインパーキングの場合は自動料金収受システムや車止めなどが必要になり、また、監視カメラも必要になることから初期費用が心配されます。
      これについては駐車場の規模によって変わりますが、多くの場合、稼働率が通常以上であれば早々に初期費用分を回収できることが多いようです。
      また、機械の月額保守についても一般的な稼働率であれば利益は出せると言われています。
      3つ目は長期運用です。
      コインパーキングは短期回収型と思われがちですが、稼働率がよければアパート経営などよりも利益を出せますし、利益が出ているうちはそのまま運用させることができます。

      藤沢市のバイク買取に関する情報をご覧ください。

      GT-Rの買取りの情報探しをお手伝い致します。

      相模原市のバイク買取情報サイトをご利用下さい。

      多摩でカーコーティングについて真剣に考えてみました。

      こだわりの高い藤沢市のバイク買取に関する予備知識が満載です。

      http://matome.naver.jp/odai/2146140839498186501

      http://matome.naver.jp/m/odai/2138017232140597201/2138017288741254203

      http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1460009289

  • 関連リンク